子供のはさみは何時から?

子供のはさみは何時から?

こんにちは。保育士のくれよんです。

2歳をすぎると、はさみに興味を持つ子供が出てきます。個人差がありますが、早い子は2歳過ぎたころからはさみを上手にもって一回切りをすることができます。はさみを使った遊びや工作は、手や指先をよく使うことができるので、子供が興味を持ったら思う存分使わせてあげたいものです。ただし、はさみは刃物であることから、はさみを使わせてあげるためには幾つかの条件があります。

年齢ではなく、以下のことができていれば、興味を持った時にはさみを教えてあげても良いでしょう。はさみを使うための条件は、・ひとりで上手に椅子に座ることができること。・話を聞くことができること・大人の伝えていることが理解できること・ルールを守ろうという姿勢があること。使うはさみは、刃先が丸くなっているもの、子供の手のサイズにフィットするものがおすすめです。

はさみを使う時には、まず最初にどうやってはさみを持つのか教えましょう。紙を切る時の正しい持ち方はもちろんのこと、はさみをもって歩くときには刃の部分をにぎって持つこと、刃を人に向けてはいけないこと、そして紙を切る時には正しい持ち方で切るようにすること(でないと怪我の原因になってしまうので)、この約束を守ることがはさみを使える条件にすると良いでしょう。お約束が守れなかった時には、1回目はしっかりと目を見て、静かな声で、「はさみは危ないものだよ。どうやって使うか覚えてる?」と言って、もう一度正しい持ち方や使い方を確認します。

そして、「もし約束が守れなかったら今日ははさみはおしまいにするからね」と言い、子供が「うん」と言って同意するようにします。これで約束を守れる場合と、また忘れて危ない使い方をしてしまうことがあります。続けて同じ約束を守れない時には、「さっきお話ししたよね。約束が守れなかったから今日ははさみはおしまい」といって片づけます。次の日はさみを使う時に、忘れやすい約束をもう一度確認すると良いでしょう。約束を守れなかった場合でも、怒るのではなく、落ち着いた静かな声でゆっくりと話をします。目を見て、相手が聞いていることを確認すると良いでしょう。こうしてはさみが使えるようになると、工作がとても楽しいものとなるのです。

幼児用はさみ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です