はさみのお仕事

はさみのお仕事

こんにちは。保育士のくれよんです。

はさみの使い方を理解できるようになると、これから工作がどんどん楽しくなります。また、はさみを使うことができるようになると、ひたすらはさみを使って何かを切るという作業を繰り返し楽しむようになります。たまにうっかりすると、洋服や電話線など、切ってはいけないものが着られてしまうというハプニングもありますが、そんな事態を避けるためにも、思う存分はさみを楽しめるように、切っても良い紙を用意しましょう。

万が一家具が切られてしまっても、この段階での子供は悪気があってやったのではなく、ただ、何かを切りたかったからやっただけなので、厳しくしからずに、家具ではなくて、紙を切ろうね、と落ち着いた声で伝えてあげましょう。子供の中には、紙を切るのに飽きて、他の物を切りたくて家具を切ってしまったということもあります。はさみを楽しむためにも、紙の他に、紐なども用意してあげると良いでしょう。

ひもを切る場合には、空き瓶のふたに穴をあけて、そこから紐を通してあげると片手で紐をひっぱり、もう片方の手ではさみをもって上手に切ることができます。

紐きり

フローリングやタイルの床の場合には、ガラス瓶は割れる可能性があるので、プラスチックのものを使うと良いでしょう。穴をあけるためのキリさえあれば、缶の入れ物で作ることも可能です。こうしてはさみに興味を持ち、様々なものを切る中ではさみのスキルを磨き、思うように作りたいものを作るために、手の筋力が発達していくのです。目で見たものを頭の中でどのようにしたいか描き、それを実際に自分の手で作る、こういった経験が幼い時に沢山しておくことが大切となってきます。次回は、はさみで作った作品を紹介していきたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です