ビーズあそび

ビーズあそび

こんにちは。保育士のくれよんです。

最近、娘がビーズ遊びをよくしています。ビーズ遊びと言っても、最近娘がよくやっているのは、ビーズを紐に通すタイプのものではなく、土台にビーズを乗せて、アイロンで固定するタイプのビーズ遊びです。遊び始めたきっかけは友達の家に遊びに行った時に友達が持っていたのがきっかけで、それ以来そのビーズがほしいとずっとせがまれていました。

そしてついにお店で見つけて購入。娘は3歳ですが、器用にビーズで模様を作っています。アイロンビーズは、土台に好みの柄を作って、コースターやキーホルダーなんかにすることもできます。娘の年齢を考えるとそれが精いっぱいのような気もするのですが、ちょっと調べてみると、アイロンビーズでは立体的な作品も作ることができるようです。ペン立てやティッシュボックスケースなど、そんな小物もアイロンビーズで作れたら楽しそうですね。

保育園でも、手先を使った遊びは2歳前から積極的に増やしていますが、小さいころから手先を使った遊びをすることで、脳の発達を活性化させてくれます。手先を使うことで、脳に刺激が届き、脳が発達していきます。現代では、どの家庭にもテレビやテレビゲーム、iPadなど電池を使ったおもちゃや生活用品が普及しています。しかし、年齢が低い時には特に、こういった電子機器から離れて、手を使って遊ぶということがとても大切なのです。手を使うことで、実際に物事を経験しながら感覚で様々なことを吸収していくことができます。例えば、アイロンビーズをする中で、ビーズを好きな位置に乗せるためには、集中力が必要になります。

集中して、そーっとビーズを乗せることで作りたい絵柄を作ることができます。保育園では縦割りの時間があったりもするので子供が口に入れてしまうかもしれないビーズはあまり使うことができないのですが、家にいるあいだだけでも思い切りさせてあげたいです。

ironbeads

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です