綿棒を使った絵具遊び

綿棒を使った絵具遊び

こんにちは。保育士のくれよんです。

2月は、バレンタインカードを作る時に絵具を使ったこともあり、引き続き絵具遊びを継続しています。

絵具遊びは、普通に絵具の筆でお絵かきを楽しむこともできるのですが、今回は、耳掃除をする綿棒を使って絵具遊びをしています。綿棒での絵具遊びは、筆とは違った出来上がりになり、線を書くだけでなく、てんてんを書いて楽しむこともできます。黒い画用紙に白い絵の具でてんてんをつけると、雪のようにもなります。

綿棒を使った絵具遊びは、少ない絵の具で絵を描くことができ、こぼしたりした場合でも被害が少ないので、自宅でも比較的気軽に楽しむことができる活動です。

中には運筆力が強くて綿棒が曲がってしまう子供もいるのですが、それを調節して上手に描けるようにするのも経験のうちで、子供たちは毎日えのぐ遊びのお仕事を楽しんでいます。

綿棒を使った絵具と言えば、綺麗にあらった空き瓶に絵具で絵を描くと、綺麗なステンドグラスのようなキャンドルスタンドを作ることもできます。

おうちに絵具があるという方、ぜひ試してみてください。

101118_1127

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です